パリ旅行!スイーツがめちゃくちゃ美味しくておしゃれなカフェ6選【フランス・パリ】

カフェ/レストラン

先日、いくらはフランス・パリに行ってきました。(うにくんはお留守番です。)

パリといえばマカロン、チョコレート、マドレーヌ、ケーキ…いろんな種類のスイーツがあり、名店がたくさんあります。

ということで、今回は実際に行ってみて良いと思ったパリのスイーツが美味しいカフェをご紹介致します!

1.Ladurée <ラデュレ> シャンゼリゼ本店

f:id:ikurauni0414:20191117235050j:image

ラデュレはとっても有名ですよね。

もちろん有名なだけでなく、マカロンもケーキもとにかく美味しい!

f:id:ikurauni0414:20191117235021j:image

f:id:ikurauni0414:20191117235025j:image

ものすごく甘いんですが、嫌な甘さじゃないのでラデュレのマカロンは大好きです。

名古屋にはラデュレの店舗はありますが、カフェはありません。

パリにはラデュレのカフェはたくさんあるのですが、ここは是非本店に足を運んでみてください。

観光シーズンなど時期によっては並ぶので、予約するのがおすすめです。

(バーカウンターならすぐ入れました!)

観光客向けでゆっくり落ち着ける感じではないのですが、「THEパリ」を味わいたい方は是非一度は行ってみてください。

tabelog.com

2.Bontemps<ボントン>

f:id:ikurauni0414:20191117235132j:image

マレ地区にあるかわらしいタルト屋さん。

どれもめちゃくちゃ美味しかった!

タルト生地がとにかく絶品で、こんなに感動したのは初めてかもしれません。

少し厚めで触感はサクサク、味はバター感が強くて塩気もあるので、甘いクリームと相性抜群でした。

f:id:ikurauni0414:20191117235220j:image

紅茶の種類も豊富でした。

サイドについてきたクッキーもすごく美味しかったです。おそらくタルトの余った生地で作ったのでしょう。

店内の色合いや、食器がとてもかわいくて、写真映えするのでおすすめ。

Bontemps-Paris/Facebook

3.Café Citron<カフェ・シトロン>

f:id:ikurauni0414:20191117235340j:image

シャンゼリゼ通りにある『Galeries Lafayette Champs-Elysées(ギャルリー・ラファイエット・シャンゼリゼ)』の中にあります。

食事は地中海料理がメインだそうですが、私はカフェのみの利用でした。

1730年創業の老舗「メゾン・ストレール」のシェフ、ジェフリー・カーニュ氏による「レモンとローズマリーのガナッシュのタルト(12€)」を頂きました。

ヨーロッパのケーキってすごく甘いのが基本ですが、甘さは控えめでレモンの酸味をより感じられました。

f:id:ikurauni0414:20191117235440j:image

爽やかなケーキでとっても美味しかったです。

パレスホテル『ル・ムーリス』のエグゼクティブ・パティシエであるCédric Grolet(セドリック・グロレ)氏の「シトロン・パティスリー(25€)」が有名。

レモンをまるごとケーキにしたようなケーキなのですが、この日は売り切れていました。

www.cafecitronparis.com

4.Yann Couvreur<ヤン・クヴルー>

f:id:ikurauni0414:20191117235512j:image

今パリに3店舗を抱える注目のパティシエYann Couvreur氏が手がけています。

チョコレート系のケーキが多い印象です。

f:id:ikurauni0414:20191117235540j:image

私はエクレアを頂きました。

上品な甘みで美味しかったです。

表面のチョコレートが艶やかでとってもきれいです。形も四角で個性的。

キツネのデザインのケーキにも注目です。

5.86Champs<キャトロヴァン・シス・シャン>

f:id:ikurauni0414:20191118200217j:image

2017年にできたピエールエルメとロクシタンのコラボ店。

店名の由来は、シャンゼリゼ大通りの86番地にあることからだそうです。

f:id:ikurauni0414:20191118200228j:image

店内中心にはピエールエルメのマカロンやケーキがずらり。

甘いもの好きには堪らない、幸せな空間ですよね。

ロクシタンの商品は店内を一周するような感じで置いてあります。

限定コラボ商品もチェックしてみてください。

店内奥のカフェでこちらを頂きました。

まず、見た目がかわいい!

サクサクのミルフィーユに濃厚なマスカルポーネクリーム、そこにラズベリーの甘酸っぱさが加わって上品な味でとっても美味しかったです。

店内に置いてあるケーキだけでなく、食事も可能。

7:30から営業しているので贅沢な朝食を食べに来ても思い出になりそうですよね。

86Champs : Une rencontre inédite et inspirée entre Pierre Hermé et L’Occitane.

6.Le Restaurant<ル・レストラン>

f:id:ikurauni0414:20191118185650j:image

オルセー美術館の中にあるレストラン。

ゴージャスな店内にポップでカラフルな椅子がとてもかわいいです。

f:id:ikurauni0414:20191118185657j:image

美術館の中にあるレストランということで、特に期待はしていませんでしたが

ここで食べたケーキ「パリジャン・フラン」がすっごく美味しくて感動しました!

まさに期待を裏切られた感じ。

ぎゅっとした触感のパイ生地にとろとろのカスタードが最高に合います。

ここに来たら是非食べてみてください。

Musée d’Orsay: Restaurant

最後に

パリのスイーツ巡りは本当に楽しかったです。

美味しいだけでなく、食器や店内の装飾も素敵で最高の空間でした。

有名店ばかりの紹介となってしまいましたが、やはり有名な理由があるのですね。

日本でも行けるお店はいくつかありますが、やはり規模の大きさやメニューの豊富さなどは圧倒的に違うので是非足を運んでみてください!

ではまた。

いくら

コメント

タイトルとURLをコピーしました